【経営者の悩み】

色んなお客様=経営者の方にお会いして話してきて、また自分でも事務所経営をしてきて、経営者の悩みというのは業種に関わらず大体同じような内容になるのかなと感じています。

開業してすぐのときは、まずお客さんがいない事が多いです。ゼロから売上を作らなければならないという売上の悩みがあります。自分の場合、開業する以前に独立を悩んでいる段階ではこの悩みがとても大きいものに思っていましたが、しばらく愚直に目の前のことに取り組んでいれば何とかなってきましたし、他のお客様を見ても開業したけれど何年も全く売上が立たない、ということはあまり無いように思います。

その次の悩みは人の悩みでしょうか。売上が伸びて大きくなるにつれて自分一人では捌ききれなくなります。そこで人を雇うことになりますが、スタッフさんとの関係で悩んでいない人は見たことがないように思います。そもそも初めましてで一緒に仕事をするのだから合わないのが当然かもしれません。そこを経営者がどのように感情に折り合いをつけるか、お金を払っている立場からすると不満が沢山出るのですよね。逆に自分が会社員だった頃を思い出すと当然会社や社長への不満はあったわけで、その頃の気持を忘れずにしてスタッフさんの気持ちを理解しなければいけないです。

売上が伸び、従業員さんも増え事業が拡大してくると次にお金の悩みが出てきます。業種によっては開業時に借入をするのでそのときにもお金の悩みが出てきますが、開業時の借入はまだ事業が走っていない状況なので時間的なゆとりがあるのに対して、事業拡大時には運転資金が足りなくなるおそれがあったり、事業をやりながらの銀行との交渉であったりと、開業時とはスピード感も違いますのでより大きな悩みとなります。

お金の悩みも乗り越えて大きな会社になっていき、年数も重ねていくと起業した頃と市場もどんどん変化していきます。そうなるといつまでも同じ事業を続けていては将来売上が先細っていきそうだ、何か新しい事業はないかと悩むこともあります。また、自分も高齢になったので息子に事業承継したいが社内外を納得させ会社を存続させられるのか、という悩みもあります。新規事業や事業承継といった会社の方向性を決めるような悩み、組織の悩みが出てきます。

このような悩みが業種や順序は違えど次々に経営者のもとには降り掛かってきて休まる暇はありません。また、なかなか社内で同じ目線で相談できる人もいないので、経営者同士で飲みに行くと業種は違えど同じ悩みに共感して、大いに盛り上がることがよくあります。

お客様と悩みを共有しながら、自分も頑張って経営していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました