【相続税の対象か?】

2015年に改正があって相続税の計算における基礎控除が縮小されました。この影響はかなり大きく、弊社に相談に来られるお客様もかなり増えました。テレビでもよく取り上げられ、普段の会話に相続税の話しが出てくるようにもなりました。これまで相続税を意識したことがなかった方も他人事ではないという思われているのではないでしょうか。

事実、ごく普通のご家庭で財産が持ち家と預金のみ、という場合でも相続税の課税対象となることがかなりあります。相続税についてよく調べていたり、周りに詳しい方がいて質問できる場合はいいかもしれませんが、そのような環境に無い方は自分達がいったい相続税の課税対象なのかという点が非常に気になるものと思います。

そこで、相続税がかかるのか簡単に判断できる1つの目安があります。それは、相続財産が3600万円以下の場合には、相続税が一切かからない、というものです。3600万円というのは基礎控除と呼ばれているもので、法定相続人が増えるほど基礎控除も増えていきます。

相続税の計算は複雑ですが、そもそも対象なのかどうか、という意味でこの目安はわかりやすいものと思います。

では、相続財産はどのように計算すればいいのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました