生前贈与加算

相続税の申告でよく論点となるのが生前贈与加算です。生前贈与加算とは、相続人が被相続人から亡くなった日より前3年以内に贈与を受けた財産があるときには、その贈与財産も相続財産とみなされる、というルールです。

身内が亡くなると、お葬式等でまとまったお金が必要となります。ただ、銀行口座もまもなく凍結されるため、その前に預金から引き出したおきたいと考える方が大勢おります。また、その頃になるといざというときのために暗証番号等も確認しているため、ATMで簡単に引き出すことができます。こうして、亡くなった日付近の通帳履歴には、ATMの引出し限度額である50万円か100万円の引出しがいくつか記帳されることとなります。中には引き出しておけば相続税がかからないだろうと思われている方もおります。さすがにそれはないです、と突っ込むと納得されますが…

この場合、生前贈与加算のルールで、亡くなる前に引き出した金額も相続財産とみなされます。そして、相続税の申告では残高証明だけでなく、口座の履歴も提出する必要がありますので、この動きは簡単に把握されることとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました