テレワーク

新型コロナウイルスの感染拡大によって、働き方にも影響がでてきています。出張や会議をなるべくやらないといったことから、在宅勤務を取り入れる会社もあります。テレワークという言葉も最近よく聞かれるようになりましたが、調べてみるとテレワークには大きく3種類あるようです。自宅で仕事を行う在宅勤務、取引先のオフィスや移動途中の駅、カフェなどで仕事を行うモバイルワーク、そしてサテライトオフィスやコワーキングスペースなどで仕事を行うサードプレイスオフィス勤務の3つがあるとのこと。いずれにせよ、会社に出社せずに働くスタイルですが、これはIT企業にとって馴染みやすいスタイルです。

 

自分が関与している都内のIT企業では基本的なコミュニケーションはすべてチャットアプリのslackを使っており、外部との契約締結や請求書等の発行はクラウドサインを用いており、VPNで自宅から会社のパソコンに入れるのでテレワークができる環境が揃っています。早速その会社ではテレワークを認めたようで、本人が選択して毎日報告すればよいという運用になっています。

 

これまでにインフラは整っていたもののあまり活用されていなかったテレワークという働き方ですが、今回を機に実際にこの働き方に触れることで広まりそうな気配がします。テレワークができる条件として、上記のようなハード面が必須だと思いますが、それに加えてスタッフの意識というソフト面も重要かと思います。会社に行かないことをいいことにサボるようなスタッフが多いと仕事が回らなくなります。ある程度の会社であればそのような懸念は低いですが、世の中意識の高い会社ばかりではないので…

 

では税理士事務所ではどうでしょうか。1記帳代行、2決算・申告書作成、3顧客への報告がメインの業務となりますが、1、2は資料があればパソコンに向き合って入力する作業なのでかなりテレワークに馴染みます。ただ、資料が多いので郵送の手間はそれなりにかかりそうです。3は先方が了承すればスカイプ等を使って遠隔会議が可能です。必ずしも皆さんのITリテラシーが高いわけではないので、直接会って話したいというニーズもかなりありそうですが、要は慣れの問題なので本気で導入しようとするのであればこちらで準備して利用してもらう必要があるかと思います。あとは税理士事務所の側で在宅スタッフをコントロールできるかです。これについても、基本的に作業の進捗や出来が目に見えるものが多いので、管理しやすいのではないかと思われます。

人手不足で納得のいく採用が難しくなってきているなかで、エリアを近隣に絞らず在宅でも可能ということにすれば、より広範囲から人材を募集できます。テレワークに関しては、弊社でも前向きに検討しようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました