私が独立開業するまで (2度目の転職活動)

2度目の転職活動では転職エージェントを利用しませんでした。次の方向性が明確であり、それがスポーツビジネスというニッチな業界を考えていたからです。基本的にその業界では大々的に人材を募集するということはなく、転職エージェントが扱っている業界ではありません。それだけに自分もどうすれば中に入れるか悩みました。まずはインターネットで情報収集をしましたが、検索で調べられることは断片的な情報しかありませんでした。

 

知り合いに業界へのつてがあるわけでもなく、このままでは何も始まらないと思い、直接スポーツビジネスに関係がありそうな会社にメールをすることにしました。選手のエージェント、マネージメントの会社、スポーツ用品を扱う会社、さらにプロのクラブチームにもメールし、自分はこういった経歴でこのようなことをしたいのだが御社にポジションはありますか、という内容の質問をしました。メールの宛先も会社の代表メールのような一般に公開されているもので、あまり期待せずに返信を待っていたのですが、ほとんどの会社からすぐに返信をもらいました。そして、まずはお会いして話しましょう、というところまではトントン拍子でいけたのです。

当時自分が漠然と思っていたのは、財務の面からチームを運営することや、そのコンサルができればということでした。ところが、お話しする中で見えてきたのは、スポーツビジネス関係の会社は基本的に資金も潤沢にあるわけではなく、規模がそれほど大きくないため、それぞれの人が何でもできるゼネラリストを求めているとのことで、その中で専門性もあればなお良しということでした。

 

結果的に自分が思っていたような人材を募集しているわけではなく、面接の場を設けてくれたことに感謝しつつもミスマッチな感覚を抱いておりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました