(米国株の調べ方)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界中の株価が暴落しました。この1ヶ月ほどで日経平均もダウ平均も30%ほど下がっています。こういった時は絶好の買いのタイミングとなるわけでして、特に大きく下落している銘柄に注目されている方も多いと思います。業界でいうとホテル、航空、鉄道、旅行などでしょうか。何ヶ月か先に状況が落ち着き、景気も回復して株価も元の水準に戻るというのが理想ですが、新型コロナによる景気や企業業績の悪化が長期に渡り、そのまま投資先の企業が倒産してしまう可能性もあります。

 

そこで個別に財務諸表を見て企業の安全性を確認することが重要になってきます。特に、このような時は売上や利益ではなく、普段そこまで注目しない貸借対照表に記載されてる情報が有用となります。日本株であれば企業のIRサイトから有価証券報告書や短信を調べることができますので比較的簡単に数字を確認できると思います。では、米国株はどのように確認すればいいでしょうか。

 

正攻法はアメリカ企業の決算書を無料で閲覧できるWEBサービス「EDGAR(エドガー)」をで確認することです。日本でも有価証券報告書を閲覧できるEDINETというサービスがありますが、これの米国版になります。このなかに10-Kと10-Qというフォームがあり、それぞれ日本の有価証券報告書と四半期報告書の位置付けの書類になります。当然情報は細かいのですが、全て英語のためかなりとっつきにくいです。一般の人が見るのにはハードルが高すぎると思います。

 

自分は普段外国株の売買の際にはSBI証券を使います。当サイトでも個別銘柄の財務諸表を確認できまして、日本語で記載されているのはいいのですが、財務数値がかなり集約されていて、個々の科目レベルで確認できません。また、四半期情報もありませんでした。少し使いづらいなと思い色々探している中、最近発見したのがインベスティング・ドットコムというサイトです。こちらの情報ですと科目レベルで数値が確認できるうえ、四半期情報もありました。また、登録しなくても無料で確認でき、重宝させてもらっています。

 

米国株の財務数値を確認する際は、このサイトでアタリをつけ、さらに細かく見たい点があれば先程のEDGARを利用するのが効率的かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました