横領

大企業で横領はたびたび事件になりますが、中小企業ではそれ以上に発生します。大企業の場合、中小企業と異なり、「経理業務全般を一人で担当している」ということはありません。内部統制でいう職務分掌ができているので牽制が効いているわけです。しかし、中小企業ですと人手不足のために預金口座や金庫の管理、経費の精算などの経理業務全般を全て1人で担当しているケースがあります。誰もチェックしないので、横領する側としては実に簡単に実行できてしまいます。

 

横領というと、取引先と共謀して架空の請求書を出してもらい会社の預金口座から取引先の口座に送金し、そのうちの一部をキックバックしてもらう、というような事例もありますが、そこまで手が込んでいないケースもとても多いです。例えば、レジから黙って現金を抜く、というのは普通すぐにバレると思うものですがよくあるケースです。毎日現金残高をぴったり合わせていればすぐに見つかりますが、現金管理が適当になっている個人経営のお店はたくさんありますので注意が必要です。また、休眠中の使っていない子会社を利用するケースとして、理由をつけて資金を子会社に移し、そこの口座を自分の財布のように使うといったことがあります。休眠中なので誰も気にかけず、年に一度残高証明をとったりするようなことはしないため、なかなか発覚しないこととなります。

 

被害にあった当事者の話を聞くと、横領は半分病気のようなもの、といいます。横領がバレてもそこまで反省していなかったり、以前も同じような噂を聞いたり、といった具合に倫理的に問題があるのだと思います。しかし、それは問題が発覚するまで中々わかるものではなく、被害にあってまさかこの人が横領するなんて、と思うこととなるのです。

 

解決策としては、性悪説で考えて横領がしにくい仕組みを作ることです。そこまで難しいことではなく、毎日現金を合わせる、通帳を定期的に記帳する、別の担当者がチェックする、といった一手間を加えるだけで横領の大部分は防げると思いますので、自社の仕組みを見直してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました