海外の会計事務所

毎年決算をして税金の申告をする、という仕組みはだいたいどこの国も同じですので、日本と同様に海外にも記帳、申告を行う会計事務所があります。現地の法人は現地の会計事務所に依頼すればいいのですが、日本から進出している日系企業はどうすればいいでしょうか。現地の会計事務所に依頼するというのでもいいのですが、まず言語の壁があります。また、期日を守らない、ミスが多い、といったサービスレベルに問題があることもあります。そこで、日系の会計事務所が重宝されることになります。

 

多少費用がかかっても、同じ日本人ということでコミュニケーションも問題ありませんし、品質も日本と同様の水準で安心感があります。また、海外の現地法人は日本の本社から資料の依頼や毎月の月次報告を要求されますが、日系の会計事務所に依頼すれば、直接本社とやり取りしてもらえるという利点もあります。

 

日系の会計事務所は世界中にありますが、最近では特に、日系企業が多く進出している東南アジアで日系の会計事務所が増えています。自分も海外で会計事務所の支店を開くことが目標でして、実際にバンコクやマニラで開業している日系会計事務所を訪問するなど、少しづつ動いております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました