私が独立開業するまで (その後)

独立してから順調に仕事が増えていき、それと同時にスタッフさんも増えていきました。自分の事務所の特徴として、仕事の幅が広いことが挙げられると思います。現在、メインの仕事は法人、個人事業の申告になりますが、相続税の申告も毎月のように受注しているので、個人の税理士事務所としては多いほうかと思います。

税務以外ではまず監査があります。監査法人に所属していた頃のような上場企業が相手ではありませんが、地方ではそれなりに大きな会計監査人設置会社や認定こども園、労働組合など数社を監査して意見を表明しています。

さらにJ-SOX対応や開示書類の作成といったプロジェクトベースの会計士業務も頂いています。最近はコロナの影響でクライアント先には行かず、やりとりは全てWeb会議となりました。出張する必要が無くなりかなり効率よくなりましたが、会計士業務は誰かに任せることができないため、キャパシティにも制限があります。仕事内容としては興味深いものが多いのですが、受注するかどうか悩むところです。

そして、最近では社外監査役の仕事を引き受けましたので、さらに仕事が広がりそうです。

これまで、基本的に依頼された仕事は断らないことをポリシーにしてきまして、その結果仕事も増えていきました。もちろん経験したことがない仕事もありましたが、その都度勉強したり誰かに質問するなどして、覚えながら進めていきました。

人間関係は独立以降もさらに広がっていき、昔からの仲間だけでなく新たな交友関係からも仕事を紹介してもらったり、また純粋に飲みに行く相手が増えたことが嬉しいです。

今後の方向性としては、もう少し事務所を大きくすることにチャレンジしたいと考えています。そのためにはもっと仕事を受注しなければ…、ということで会計・税務で何かお困りであればどうぞよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました