押印廃止

押印廃止の波が税理士業界にもきそうです。現状では確定申告の際にオンライン申告・納税システムであるe-Taxを使うことで電子署名で済みますが、書類で申告するときは押印が必要となります。政府は確定申告や年末調整について押印廃止を検討しているとのことです。

確かに確定申告や年末調整の際の押印はシャチハタでも全く問題なく、それこそ税理士事務所によってはお客さんの数だけシャチハタ印が保管してあったりもします。あまり押印の意味をなしていませんでしたので、こういった形式的なものを廃止してもらえるのは助かります。

弊社では確定申告や年末調整は基本的にほぼe-taxで電子申告をしているのですが、相続税申告については紙面での提出をしています。令和元年10月から相続税申告のe-Taxが始まっているのですが、相続税申告は添付書類が多く煩雑なので相変わらず紙面で提出しています。相続人が複数いる場合それぞれ別の場所に住んでいることが多く、相続人全員の押印をもらうのが少し大変ですので、相続税申告についても是非押印廃止にしてほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました