所得税の改正

所得税改正があり、今年から「基礎控除の引き上げ」と「給与所得控除の引き下げ」が実施されます。基礎控除が変更されるため、年末調整や確定申告をする全員に影響がある改正です。

 

まず、基礎控除はこれまで全員38万円でしたが48万円に変更されます。そこまでであれば皆嬉しいのですが、高所得者については基礎控除が減ります。所得が2400万円以上になると段階的に引き下げられ2500万円のときに基礎控除がゼロとなります。

 

次に給与所得控除が10万円引き下げられます。そのため、基礎控除で10万円分の控除が増えましたが、給与所得控除の引き下げで相殺されることになります。ただし、これまで給与所得控除の上限の所得が1000万円でしたが今年から上限が850万円となりました。ですので、所得が850万円超の場合には給与所得控除の引き下げ額が10万円を超えることになり、基礎控除の引き上げ分では補えないこととなります。

 

具体的な税額への影響はどれくらいになるでしょうか。給与所得控除と基礎控除以外を考慮しないでいくつかのパターンを計算すると以下のようになります。

改正の影響を税額に換算すると、年収850万円までは影響がありませんが、年収1千万円の方で5万円ほどの増税、年収3千万円の方ですと年収の1%ほどにあたる31万円ほどの増税となります。一見影響が無さそうに見えてなかなかインパクトのある改正だと思います。

 

以上は給与所得者の改正ポイントになります。では自営業者はどうでしょうか。自営業者に給与所得控除は関係ないので、基礎控除が引き上げられるだけだとすれば減税になりますが、自営業者の場合青色申告控除が65万円から55万円に引き下げられます。ただし、e-taxを利用していたり、電子帳簿保存をしている場合には65万円の控除となります。つまり、これまでe-taxで申告をしている方や白色申告の方にとっては、今回の改正は減税ということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました