データのバックアップ

先日事務所のメインパソコンが動かなくなるというアクシデントがあり、改めてデータのバックアップやセキュリティについて考えさせられました。

普段使っているのは常に持ち歩いているノート1台とデスクトップ1台です。基本的にはGmailやDropboxなどのソフトを使っていて、出張中もスマホやノートパソコンから操作できます。これらのデータはクラウド上にあるのでノートパソコンが無くなっても問題ありません。
事務所に置いてあるデスクトップは会計ソフトのサーバーとして機能していて、税務のお客さん全てのこれまでのデータが保存されています。また、事務所の皆が使うファイルを共有フォルダとして保存しています。これらのデータはクラウドに保存されているわけではないので、もしデスクトップパソコンが壊れるとデータも消失するという関係にありました。
そのことは当然わかってはいたのですが、まさか自分のパソコンが急に動かなくなるとは思ってもいなかったわけです。ある日パソコンの再起動をすると見慣れない画面が現れました。経験上はもう一度再起動するか、シャットダウンしてコンセントを抜いてしばらくして起動すれば元に戻るものとたかをくくっていましたが何度やっても同じ画面が現れます。徐々に焦ってきましたがその時は夜だったのでそのまま帰宅し、翌日に会計ソフトを契約している会社のサポートの方に見てもらいました。その結果、ハードディスクが壊れているので入れ換えが必要ということでした
結局サポートの方に修理してもらいましたが、部品の取り寄せなど2日間かかり、その間全職員が会計ソフトに触れないという状況でした。また、今回はバックアップを取り出せたのでよかったものの、データが復旧しない可能性もあったということでした。もしそんなことになっていたら絶望でした。このようなハードディスクの故障もそうですが、火事や水害、盗難でデータが喪失することもありえます。実際に火事で全てのデータが無くなった事務所もあるということでした。ここにきてようやく自分事としてデータ保存の重要さを実感しました。これからはクラウドでの保存に切り替えることとします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました