ギャンブルの税金

ギャンブルにも色々な種類があります。競馬、競輪、ボートレース、オートレース、パチンコ、カジノ、宝くじ、toto、賭けマージャンなどなど。これらのギャンブルで儲かった場合の税金はどうなっているのかを説明します。まず、ギャンブルの収入というのは一時所得に分類され、基本的には税金の申告が必要となります。一時所得とは臨時収入による所得のことで、懸賞金や拾ったお金の謝礼金、保険の満期金などがこの一時所得に該当します。

 

一時所得の計算方法は以下の通りとなっています。
「総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額」

これをさらに2分の1にして、所得税率を乗じたものが所得税額となるわけですが、ポイントとしては特別控除額(最高50万円)が設定されている点です。つまり、年間の儲けが50万円を超えなければ結果的に所得税は0円となるわけです。このため、ギャンブルで儲かったからすぐに申告が必要、という話にはならず通常は申告しなくても大丈夫という結論となります。

 

次に、この計算式にある「収入を得るために支出した金額」とは何を指すのでしょうか。ギャンブルに使った全ての掛け金やそこまでの交通費など、ギャンブルでの儲けに関連するものは全て経費となるように思われるかもしれませんが、全くそんなことはなくてかなり狭い範囲しか認められません。原則的には当選した投票券を買うのに要した支出のみでして、例えば競馬ですと数百円の世界になってきます。他の競馬レースのハズレ馬券は基本的に経費として計上することができません。ただ、競馬を「営利目的で継続的に購入していた場合」には話が違ってきます。一般の競馬愛好家が儲けた所得は一時所得となりますが、この場合にはそもそも一時所得ではなく雑所得となります。雑所得となるため経費の範囲も広くなりまして、外れ馬券の購入費用でも必要経費に該当することとなります。この辺りについては一時所得なのか雑所得なのか、数年前に裁判で争われてニュースにもなったため知っている方もいるかと思います。現実的には雑所得となるハードルはかなり高いかと思いますが、自分の知り合いに競馬の予想屋をやっている方がいまして、その方は全てのレースに予想に基づいて機械的に購入しており、ハズレ馬券も経費として雑所得で申告していたようです。その後、税務調査があったものの雑所得で認められたという話を聞きましたので、1つの基準として暇なときに競馬に行っている、のではなくて機械的に全て購入する、レベルである必要があるかと思われます。ちなみにその方は競馬の結果としては収支トントンだと言っていましたので、もし一時所得とされていたら収支はマイナスになっていたものと思われます。

 

最後に、totoと宝くじは同じギャンブルでも税金の扱いが違っていまして、当選しても税金はかからない非課税となっています。この辺りは理屈ではなく政治的にそのように決まったということでしょう。

 

このようにギャンブルによっても税金に差がありますので、真剣にギャンブルで生活をされる方は勝率だけでなく税金まで考慮してギャンブルを選ぶ必要がありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました